切手に目利きの必要なし?破れてない限り価値は変わりません

切手の状態は買い取り価格に影響を及ぼす

シートから切手を切り離すと四隅にはギザギザ状態になりますが、これは目打ちと呼ばれているもので、バラ品の切手の価値を左右する大切なものです。
ストックブックに収めて切手を整理する人が多いかと思われますが、目打ちが傷んでしまうと切手の価値は下がる事になるので出し入れの時には注意が必要です。
それと、切手を直接触れると指紋が付いてしまう、汚れの原因にも繋がるため、切手を取り扱う時には手袋やピンセットを使って大切に扱う事が価値を損ねないコツです。
古い時代の切手の中には日焼けしてしまっているもの、四隅の目打ちがなくなってしまっているなど状態が悪いケースもあるかと思われますが、破れていなければ買い取りしてくれるお店が多くありますよ。

シートとバラ品の賢い売り方

記念切手を集めている人の中には、シート単位で購入しているものとバラ品で購入したものが混在していると言うケースが多いのではないでしょうか。
シート単位の切手はバラ品で売るよりも査定額が高くなるため、シートで持っている場合にはそのままの状態で買い取り店に持ち込むのがお勧めです。
バラ品の場合、1960年以前の切手、希少価値が高いものを対象にしているお店もあります。
こうしたお店ではプレミアが付いている切手を高く買い取りしてくれるので売るお店を選ぶのも良いでしょう。
切手を売る方法の一つに台紙貼り切手があります。
台紙貼り切手は、コピー用紙などに同一額面の切手を50枚など貼り付けて売る方法で、切手が破れていないものであれば買い取りして貰えますし、台紙貼り切手の場合は、台紙1枚あたり幾らと言う形で売却が出来ます。